Just another WordPress site

【山形・蔵王温泉】平安時代創業!?おおみや旅館に宿泊した感想!和モダンって響き良いですよね…

2019/04/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「己の財産とは経験なり」 何事も体験したことを重視します。 自分が経験したことで役に立つことがあれば...と思いこのブログを開設しました。現在24歳、今年中に47都道府県を巡ろうと思っています!

山形駅からバスに乗って山道に揺られること40分…スキーシーズンになると観光客が押し寄せる蔵王温泉に行ってきました。

9月というオフシーズンとあってか、観光客は少なくゆったりと温泉を楽しむことができました!

今回私が泊まったのは平安時代(1000年頃?)から続くと言われているおおみや旅館!

どんな古い建物かと思っていたんですがご覧のとおり!

とてもきれいな建物でした!

今回はこのおおみや旅館の魅力について紹介していきたいと思います。

他の旅館も泊まってみたいけど、また蔵王温泉に来るときはリピートしたいですね!

旅館の基本情報

基本的にはHPを参照しています。

HPに記載していなかった内容や重要な部分は赤字で記載しています。

住所・電話番号

■住所
〒990-2301
山形県山形市蔵王温泉46

■電話番号
TEL: 023-694-2112
FAX: 023-694-2115
この電話番号から宿泊プランの前日確認などの連絡がきます。

アクセス

■電車+バス
山形駅から「蔵王温泉行き」バスで約40分 (片道1000円)
宿泊3日前までにホテルへ到着時間を連絡すると、無料送迎バスを出してくれます。

■飛行機
山形空港から「蔵王温泉行き」バスで約60分 (片道3000円)

■車
山形蔵王I.C.を降りて約30分

予約方法について

普通のホテルと同様、じゃらん等から予約できますが、HPから予約した方が、特典がつくためお得です。

共同浴場や姉妹館の無料入浴券がもらえるため、蔵王温泉で湯めぐりを楽しみたい方はHPから予約しましょう。

旅館に宿泊した感想!

フロント ⇒ 館内 ⇒ 部屋 ⇒ 温泉の順番に紹介していきます!

ゆったりくつろげるフロント!

おおみや旅館のコンセプトは「大正ロマン香る、レトロな旅館」ということなのですが、フロントからかなりその雰囲気を感じることができます。

なんですかこのフロント…!
レトロ大好きな私はこれだけでテンションが上がりました!

更に奥にはお茶屋さんを思わせる休憩所が…!
写真見てびっくりしたんですけど、ライト光りすぎですね…。

フロントには周辺観光案内の他、自販機やウォーターサーバーがあります。

温泉がフロントのすぐそばにあるので、少し一休みしたい時にはピッタリです。

ただし、2Fにも休憩できるスペースがあるので、こちらではあくまで一休みとしましょう!

館内はまるで迷路…?

フロントから客室まで案内される方は迷路のように感じるかもしれません。

私はフロントから遠い部屋だったので尚更そう感じました。笑

思わず従業員の方に「この旅館迷路みたいですね…」と言うと、

従業員の方も笑って「初めての方はそうですよね…ただすぐに慣れますよ」と答えてくれました。

階段を大きく上がったり、小さく上がったりが続きますし、分岐も何ヶ所かあるため、最初は戸惑いました。

最初は戸惑いすぎて、普通に迷いました。

部屋の道順は案内された際にしっかり覚えましょう!笑

充実の休憩スペース

2Fには休憩スペースがあります。

お風呂上がりにゆっくりくつろげること間違いなしなので、存分に楽しみましょう!

マッサージチェアはもちろん無料で使用することができます。

近くに本や漫画がおいてあるので、それを読みながら座っていました。

お風呂上がりのマッサージチェア…最高ですね。
寝てしまわないように気をつけて使用しましょう!笑

コーヒーや紅茶、ほうじ茶などのホットドリンクも無料でついてきます。

休憩室でちょっとおしゃべりしたい方におすすめですね!

もちろん冷たい飲み物もありますよ!

レトロ感満載のお部屋!

私が宿泊したのは、レトロ風和室です。
一人旅なのにすごく広い…そしてとても静かです…。

正直音がなさすぎて少しだけ寂しくなりました。笑

私が予約したプランは旅館おまかせプランというもので、旅館側で空いている部屋を選んでくれるというものでした。

一人だったのですが、広い部屋が余っていたためサービスしてくれたのでしょうか?

とても広々と使えて、物をめちゃくちゃに広げたりしていました。笑

客室は他に2種類、
窓が多くある眺望モダン和室とモダン和室があります。

一人じゃない時は、そちらに泊まりたいですね!

お肌がスベスベになる美肌の湯!?

さぁ!お待ちかねの温泉です!
蔵王温泉に来てからずっと硫黄の匂いがしていたのですが、旅館の温泉はより一層匂いますね!

びっくりしたのですが、洗面台の蛇口や洗い場の蛇口が錆びていました。

どうやら、温泉の影響で錆びやすくなっているようです!
貴金属は部屋の金庫に預けてからの入浴をおすすめします。

温泉は酸性泉であるため、皮膚疾患や創傷への効能が特に高いです。

酸性が強いのか、持ち込みの石鹸は使用しない方が良いみたいです。注意書きがありました。

温泉は2種類!まず目玉は玉子風呂です!
さすがに温泉の中の写真はないので、公式HPから拝借しました。

出典:http://www.oomiyaryokan.jp/hotspring

ご覧のとおりまんまるのお風呂です!
床がかなり滑りやすかったので注意しましょう。

また、温度がかなり高く私は5分も入れませんでした…。
3回くらい入り直したんですけどね。笑

もう1つの風呂場には泡風呂と源泉がありました。
個人的には泡風呂の温度がちょうど良く、長く入ることができました。

出典:http://www.oomiyaryokan.jp/hotspring

また、それぞれのお風呂には露天風呂がついています。

冬期は閉鎖されるので、オフシーズン限定で楽しめることができます。

残念ながら、景色を楽しむことはできませんが、温泉はとても気持ち良かったです。

出典:http://www.oomiyaryokan.jp/hotspring

まとめ

今回の宿泊はとても満足しました。

お部屋よし、お風呂よし、そして旅館の方にも丁寧に対応していただきとても気持ちよかったです。

次回もまたおおみや旅館に宿泊したいと思いました!

この記事を書いている人 - WRITER -
「己の財産とは経験なり」 何事も体験したことを重視します。 自分が経験したことで役に立つことがあれば...と思いこのブログを開設しました。現在24歳、今年中に47都道府県を巡ろうと思っています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© しゅーりっぷ 〜しゅしゅの旅行記〜 , 2018 All Rights Reserved.