Just another WordPress site

【メーカー開発者向け】院卒と学部卒に給与以外で違いはあるのか?

2018/10/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
「己の財産とは経験なり」 何事も体験したことを重視します。 自分が経験したことで役に立つことがあれば...と思いこのブログを開設しました。現在24歳、今年中に47都道府県を巡ろうと思っています!

こんにちは!しゅしゅと申します。

今回は開発に携わって3年目の私が院卒と学部卒の違いについてお話します。

主に理系の商品開発に関わる方向けとなっています。

文系職種(主に営業や社内事務)についてはあまり触れていないので、注意してください。

また、今回の話はあくまで私が勤めている会社や周囲から聞いた方の話を参考に書いています。

想定は中~大規模のメーカーです。

実際に入ってみると全然違うと感じることが多いと思うので、社会人になる前の心構えだと思っていただけると幸いです。

ちなみに筆者は学部卒なので、少し偏った見方になっているかもしれませんが、ご了承ください。







学部卒と院卒の違いは?

そもそも何が違うかというところですね。

まずは年齢です。
日本の教育過程なら、学部卒は22歳~、院卒は24歳~となります。

次に経験が違います。
ここでいう経験とは実験などの科学的知識に触れることを言います。

学部卒の方は多くても2年、大半は1年程度しか研究室に配属されません。

しかし、院卒の方は上記年数に+2年の経験を持っています。

さらに、院卒の方は卒業するまでに2本の論文を書かなければいけません。

卒業要件に必要な論文を書き上げるために実験や解析を行う、成果を発表するために資料を作成する、人前で発表する、

これらの機会が学部卒より多いことは明確ですね。

他にもいろいろな違いがあると思いますが、社会に出て感じる大きな違いは年齢と経験です。

給与はもちろん違う!

タイトルにもある通り、違います。

最近のデータでは平均値は下記くらいではないでしょうか。

学部卒・・・19~21万
院卒 ・・・21~24万

なぜ違うのか…。
それは今の日本の給与形態が年功序列だからです。

入社時の年齢が2つ違うので、院卒の方は学部卒の方より2年分昇進しているのが一般的です。

学部卒の方も2年経てば、院卒の方と給料が同じになります。

入社してしばらく(5年くらい?)は同期の中で給料に差があるという認識です。

しばらく経ってからは昇進速度によって給与差は変わっていきます。

昇進に違いはない?

昇進・昇格についてはよく違うと言われていますが、年齢で見ると変わらない気がします。

同期の中で学部卒と院卒で昇進・昇格に違いはありますが、それは給与で言ったとおり、院卒の方は入社時に2年分昇進しているからです。

そのため、学部卒と院卒で昇進に違いがあると言われているのではないでしょうか。

最終的には個人の能力によりますので、昇進速度に大きく違いはないです。

与えられる仕事に差はある?

正直に言うと差はないです。
会社の中では学部卒も院卒も同じ新入社員。

与えられる仕事に差はありません。

だから同じ仕事をしているのに給料だけ違うという不満が出ることも…?笑

実際、私の同期や友人と話していても特に学部卒だから、院卒だからという理由で決められている仕事はないです。

ただし、かけられる期待の重さが違うかもしれません。

院卒の方は2年違う訳ですから、学部卒の方と同じ成果だと少し残念に思われるかも…?

逆に学部卒の方は、同期に先輩がいるようなものですから、「負けて元々!でも最後には勝つぞ!」と思って期待を勝ち取りましょう。



まとめ1 ~学部卒と院卒の違い~

まずは今回の違いについてまとめます。

■給与    : 平均で2万程度の違いがある
■昇進    : 昇進・昇格速度は変わらない
■業務内容  :変わらない

結論から言うと、変わるのは給与だけです。

ただし、本当に給与だけかというとそうではありません。

これはあくまで入社して3年目の私や周囲が感じていることを参考にしています。

なので、これが全てではないということだけ注意してください。

まとめ2 ~学部卒と院卒のメリット~

最後に学部卒と院卒のメリットについて紹介して終わりにします。

今回、あえてデメリットは外しました。

お互いのメリットの反対がデメリットだと思ってください。

■学部卒のメリット
・若くから社会に入ることができる
・経験の少ない状態から入るため、成長速度が速い
・勤続年数が多いため、退職金が多い
・若いうちから転職しやすい

■院卒のメリット
・研究以外の自由に学べる時間が2年分多い
・給料が学部卒の同期と比べて多い
・開発職から研究職に就ける可能性がある
・学生時代に経験したことが業務に出てくる機会が多い

みなさんはどちらに大きくメリットを感じましたか?

実際、学部生の方は就職か進学かで大きく悩むことになります。

私は悩んだ末、早く社会に出て自立したいと思って就職しました。
今はその選択をしてよかったと思っており、後悔はしていません!

みなさんもメリットを感じた方へ進んで、自分の人生を豊かにしていきましょう!








この記事を書いている人 - WRITER -
「己の財産とは経験なり」 何事も体験したことを重視します。 自分が経験したことで役に立つことがあれば...と思いこのブログを開設しました。現在24歳、今年中に47都道府県を巡ろうと思っています!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© しゅーりっぷ 〜しゅしゅの旅行記〜 , 2018 All Rights Reserved.